【実証実験】大手企業「再エネ100%への挑戦」に貢献するコーポレートPPA

【実証実験】大手企業「再エネ100%への挑戦」に貢献するコーポレートPPA
(
京セラ株式会社野洲工場様 自己託送実証実験支援)

 

2020年71日より、京セラ株式会社 野洲工場様にて、国内初となる太陽光発電と蓄電池を併用した「自己託送」実証実験を開始したしました。

今回の実証実験は、野洲市が所有する2,000㎡の敷地に京セラ製太陽光発電システム(150kW)を設置し、関西電力の送配電網を通して約2km離れた京セラ滋賀野洲工場に供給するものです。発電インバランスの抑制のため定置型リチウムイオン蓄電池(1.58MWh)を活用した国内初のモデルです。

 当社は、同実験において、基幹となる蓄電池監視制御システムの企画・構築、運用オペレーション(発受電予測、充放電管理)、事業拡大に向けたコンサルティングを担います。

■今後の展開

「コーポレートPPA」は、都市部の需要家が次々とRE100を宣言する中、地方との連携を持ってエコ化を達成する有効な手法の1つと期待されます。

まち未来製作所では、今後も地域分散型エネルギーの普及に取り組み、地域と連携した脱炭素エネルギーシステムのフラッグシップを目指していきます。

 

■参照

京セラ株式会社様HP https://www.kyocera.co.jp/news/2020/0701_gpqc.html

#自己託送 #再エネ100% #PPA #実証実験 #地域分散型エネルギー