再エネの都市間流通による
地域活性化モデル



「グッドアラウンド」は、再エネ発電所の立地自治体の依頼に基づき、地域活性化を希望する発電所の賛同を得た上で、地域新電力などを通じた再エネの“地産地消”を優先的に促します。
その上で余剰電気は“都市への輸出”に割り振り運用します。運用益は“地域活性化資金”として立地自治体と協議の上で地元へ還元し、地域課題の解決に投資する地域循環共生圏モデルです。

サービス創出の背景 

2050年の温室効果ガス排出ゼロに向け、我が国の再エネ発電事業は大規模化、大量導入に向かいます。
再エネ発電事業者は、地域コミュニティや地域の自然との共生をますます重要視し始めています。

他方、RE100を代表例とする再エネ需要家も、単なる環境価値だけでなく、発電所の運営者や地域貢献など含めたストーリーを評価し、フェアトレードで購買を望むケースが増えています。

当社は創立以来、地域に根差したエコなローカルビジネスを多数具体化してきました。
この「グッドアラウンド」もその一つです。地域、需要家、発電事業者、投資家、小売事業者のメリットを再配分し、フェアでサステナブルなサービスに設計しています。


当社はグッドアラウンドを通じて、再エネによる地方と都市の好循環と、環境ビジネスに関わる全てのステークホルダーの共生を具体化し、脱炭素社会の実現と地域活性化に貢献したいと考えます。

グッドアラウンドの効果 

1)社会:脱炭素社会の推進
  再エネ発電と地域との共生関係を構築し、合意形成に寄与。大量導入の後押しとなる。
2)地方:継続した地域活性化
  地域ブランド電力の地産地消と外販による継続した地域発信、および地域活性化資金の継続活用。
3)地方:地産地消
  大型再エネや小口分散再エネをアグリゲートし、地域新電力にも使いやすく成形。
4)都市:RE100
  再エネポテンシャルの少ない都市部でも、フェアトレードの元、地方の再エネを利用可能。